名大社が伝える中小企業の採用担当者向けメディア
POWERED BY 名大社
求職者の方はこちら
求職者の方はこちら

既卒・第二新卒を採用するメリットと選考の注意点

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

若手の人材を採用する場合、新卒一括採用が一般的ですが、既卒者や第二新卒を採用するという選択肢もあります。

既卒者とは、「なんらかの事情があって新卒の就職活動で就職先が見つからず、卒業した後で就職活動をしている人」、第二新卒とは「一度就職してから1~3年程度で辞めてしまった、25歳前後までの人」をさします。

社会人経験がなく(または浅く)、ポテンシャルと将来性で採用するという点では、新卒採用とほぼ同じ条件のこの既卒者や第二新卒者。ところがその採用には、新卒採用以上のメリットがあることもあります。

今回は、既卒者や第二新卒者の採用について考えてみましょう。

 

既卒と第二新卒、それぞれの特徴

0519

「既卒者」や「第二新卒者」と聞いて、みなさんはどのようなイメージをもつでしょうか。もしかしたら

  • 「既卒者って、新卒時にどこにも内定できなかった人でしょ」
  • 「ちゃんと就職活動してなかったんでしょ」
  • 「第二新卒って、すぐに辞めちゃったんでしょ?何か問題があるんじゃないの?」

などの少しネガティブなイメージもあるかもしれません。確かに「まさにその通り」の人もいますが、既卒者が就職できなかった(しなかった)事情や、第二新卒者が会社をすぐに辞めてしまった理由は人それぞれです。

たとえば既卒者の場合、大学卒業時に就職先がなかったのは、「どこにも内定しなかった」という理由だけではありません。

「留学していて就職活動のタイミングを逃した」「研究に専念していた」「資格取得の勉強をしていて就職活動の時期を外してしまった」などの比較的前向きな理由もあれば、「事情があってやむなく就職先を辞退した」ということもあります。家庭の事情もあれば、やりたいことと違う仕事内容、自分には合わない社風に悩んだ挙句、内定辞退したということも考えられるでしょう。

第二新卒者の場合は、「仕事が合わない」「聞いていた仕事内容と違った」「社風が合わない」「上司と合わない」などの理由が一般的ですが、彼らは「我慢ができない」というよりも、その年齢ゆえに考えに考えた結果、「やり直すなら、早い方がいいのではないのか」「早く辞めたほうがいいのではないか」という理由から退職する人もいます。

つまり、既卒や第二新卒となった背景には「致し方ない」理由もあり、先入観や偏見をおいてみれば、高いポテンシャルを持っている人材を採用できる可能性もあります。

 

既卒者や第二新卒者を採用するメリット

他にも、既卒者や第二新卒者を採用するメリットは以下の点が考えられます。

メリット①すぐに入社して働いてもらえる

まず1つめが、既卒者や第二新卒者はすぐに入社して働けることです。

新卒者は、採用活動をしてから入社するまで数か月から1年近く待たなければいけませんが、既卒者であれば採用後すぐに入社してもらえます。第二新卒者で、現職で働いている場合でも3ヶ月もあれば新入社員として入社できるでしょう。

採用後、入社までの期間が短く、戦力化に向けて実務に取り組めることは、採用コストの早期回収、若手社員の早期戦力化という点でメリットがあります。

メリット②新卒で応募が集まらない企業にも応募が

製品やサービスが一般消費者向けではなく、学生の知名度が低いため新卒採用ではなかなか応募者が集まらない中小企業も、第二新卒や既卒者に門戸を開くことで応募者が集まることがあります。

特に既卒者の場合、新卒学生と比べると競争の激しい大手企業や有名企業では書類選考を突破するのが難しい状況になるので、既卒者をターゲットにすれば大手企業や有名企業が採用競合にならない可能性が非常に高くなります。

第二新卒者も、一度企業選びで失敗した経験から、学生時代の就職活動とは異なる軸で企業選びをするようになります。その結果、新卒では応募者が集まらないような状況でも、既卒者や第二新卒者から、応募が集まる可能性も出てきます。

メリット➂第二新卒なら研修コストがかからない

また、社会人経験のある第二新卒であれば、新卒者向けの研修コストもかかりません。

彼らは、新卒入社した企業で一通りの新人研修を経験しています。新社会人にビジネスマナーや仕事の進め方など、「社会人として基本的なこと」を教える研修コスト・負担は中小企業にとっては決して安いものではありません。

自社ならではの業務知識や、自社ならではの仕事の進め方は研修をする必要がありますが、基本的なビジネスマナーなどを教える新人研修を省くことができるのは大きなメリットでしょう。

メリット④既卒者を採用すれば奨励金が支給されることも

中小企業の場合、既卒者を採用すると厚生労働者から奨励金が支給されます。

これは、厚生労働省が行う既卒者や中退者の応募機会の拡大と採用・定着を図るための事業で、採用後に1年定着したら50万円、2年定着すると追加で10万円、3年定着するとさらに10万円奨励金が支給されます。

(平成28年2月10日から平成31年3月31日までに募集などを行い、平成31年4月30日までに雇入れた事業主が対象。詳細は厚生労働省HPにて)

支給された奨励金を、採用した人材の教育研修費などに充てて既卒者の早期戦力化や人材育成に活かしていくこともできるでしょう。

メリット➄直近で「大きな失敗」を経験している

最後に、既卒者や第二新卒者を採用する隠れたメリットとも言えるのが、「失敗を糧に成長できる人材を見抜きやすい」という点です。

どんな理由があったにせよ、既卒者や第二新卒者は会社選びで1度失敗しています。それは彼らの20数年の今まで生きてきたなかで、人生を左右した非常に大きな失敗のはずです。

この失敗は、非常に貴重な経験です。失敗したからこそ得られる「学び」が必ずあり、失敗を経て謙虚に成長できることもあるからです。就職の失敗から多くを学べた人材は、入社後に様々な経験を通じて学び、成長できるポテンシャルも高い人材といえます。

直近で経験したこの失敗とどう向き合い、何を学んで、自分はどう変わったかを聞けば、その人材がこれから仕事で失敗した時にどのように向き合い、それを活かして成長していけるのか否かを判断することができます。

面接ではこの点を掘り下げて確認し、「失敗を糧に成長していける人材」を見抜いていきましょう。

 

このように、既卒者や第二新卒者を採用するメリットは多くあります。これからは、若手の人材確保に新卒採用だけでなく、既卒者や第二新卒者も採用ターゲットとして検討してみませんか。

 

ライター紹介

小松 紀子

http://r09.jp/

株式会社アールナイン
一般社団法人国際キャリア・コンサルティング協会
1997年国際基督教大学教養学部卒業。

大手人材紹介会社で人事、経営企画、キャリアアドバイザーを経験。在職中、転職希望者へのサービス向上プロジェクトや、ナレッジマネジメントプロジェクトなど多くの全社プロジェクトに参画する

現在は株式会社アールナインの広報及び一般社団法人国際キャリア・コンサルティング協会の広報を担当しながら、中小企業への就職・転職促進を目的とした情報サイト「信州人キャリアナビ」にて数多くの経営者・キャリアインタビューを通じ、地方中小企業の情報発信、採用支援を手掛けている。

アールナイン:http://r09.jp
国際キャリア・コンサルティング協会:http://icca-japan.or.jp

株式会社アールナイン

関連記事

Uターン転職者に響くキーワードとは?

Uターン転職者に響くキーワードとは?

内定者とのつながりをグッと深める!内定者フォローのポイントとは

内定者とのつながりをグッと深める!内定者フォローのポイン…

早めに気づいておきたい!社員が退職を考えているサインとは?

早めに気づいておきたい!社員が退職を考えているサインとは?

ジモト採用のことなら名大社にご相談ください

採用でお困りでしたら私たちがサポートに伺います

弊社は創業以来クライアント数延べ3,000社、東海エリアのジモト企業と求職者の数々の出会いの場を創出してきました。

ジモトに根ざした名大社だからこそわかる個社の魅力を発見し、求職者に誠実に伝えていく為、全力でサポートさせて頂きます。