名大社が伝える中小企業の採用担当者向けメディア
POWERED BY 名大社
求職者の方はこちら
求職者の方はこちら

採用力UP講座 改めて「内定辞退」を考える

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

こんにちは。有限会社オフィスパティ キャリアコンサルタント 大山佳子です。
10月1日は、いわゆる経団連ルールにより、「正式な内定」を学生に伝えることが可能となる日です。皆さんの会社でも、この日に内定式を計画なさっているかもしれませんね。これまでは、内定することを決めました・・・という意味の「内々定」でしたが、卒業後(一般的には4月1日から働き始める)を始期とした労働契約、「始期付解約権留保付労働契約」を結ぶこととなります。

採用活動としては一段落ですが、新たに入社日までの気を揉む「待ち時間」が始まることとなります。改めて「内定辞退」について考えていきましょう。

 

内定辞退を100%防ぐことは難しい

いきなり身も蓋もない表現かもしれませんね。
インターンシップや企業説明など、新卒採用には年々業務負担は増える傾向です。「内定辞退」を少しでも減らすために、多くの企業が努力をしています。皆さんの業務目標に、内定辞退を減らすための、具体的数値目標を掲げているという方も、きっと多いのではないかと思います。しかし、内定辞退を100%防ぐことは相当に困難なことです。なぜなのでしょうか。

入社までの期間が長い

10月1日に内定受諾が確認できたとしても、入社までは少なくとも6カ月という期間があります。内定者は、年末まで卒論・卒研等の学業に取り組む忙しい時期を経て、来年には、十分すぎるほどの「時間」をもつことになります。若い彼らが、様々な新たな出会いや刺激により、新しい分野に興味関心を持つことも有るかもしれません。

多くの内々定を取ることが推奨されている現実

就職活動は、いつしか多くの企業から内々定を取ることが目標となりました。
本来は、多くの企業と「出会う事」が大切なことですが、複数会社を一定時期に一斉に応募する活動となるために、結果として複数の内々定を持っている学生が多く存在するという現実があります。

「内定辞退」が出来ることを学生は知っている

始期付解約権留保付労働契約は、学生・企業とも双方が解約権を持つ契約です。
しかし、企業側には解雇としての合理的な理由が必要という、高いハードルが課せられている一方で、学生側の内定辞退の場合には、企業が拒否することはできません。多くの学生が、内々定辞退方法を悩みつつ、誠実に内々定時期に辞退をしてくれますが、「内定辞退」は学生の権利と捉え、行動する学生も一定数います。

多くのキャリアセンターでは、むやみに推奨はしないものの、学校推薦求人以外は、「内定辞退は問題なく出来ること」であると、広く情報提供していています。

このように冷静に考えると、内定辞退を100%防ぐことは難しいということは、ご理解いただけるかと思います。とはいえ当然、何もしないでいる訳にもいかないと、皆さんはお考えでしょう。内定辞退は、できれば避けたい事態ですから、何らかの対策は取りたいものです。

大切なことは、注力すべきことが何かを明確化することです。つい陥ってしまうNG内定辞退対策について考えていきましょう

 

つい陥ってしまう「NG内定辞退対策」とは

学生を約束で心理的に縛る対策

内々定からすぐに書類で承諾書を提出させる等、「必ず入社する」という事を、何度も口頭や書面で確認し、内定辞退による「損害」を折に触れちらつかせる方法です。「約束したことだから当然守るべき」という心理的プレッシャーを、学生に対し掛け続けるこの方法は、程度の差はあるものの、多くの企業が行っています。

LINEでつながる等のソフト作戦だったとしても、「縛る事」を目的としている以上、時間をかけたやり取りは形式的になりがちです。時間をかけたにもかかわらず、お互い疑心暗鬼のまま、入社日を迎えるという、あまり楽しくないやり取りが続くことは、効果的ではありません。内定辞退がある程度防ぎようがないことを考えると、負担が大きいにもかかわらず、徒労に終わることにもなります。

本人から「内定辞退」という言葉が出た場合、引き留めは困難でもあります。(詳しくは、「採用基礎力UP講座 把握力編~“内定辞退”は悲劇なのか~」をご参照ください)。

社員との飲み会への招待で距離を縮める対策

内定者に、社員と話す機会を設けることは、この会社で働くということを、具体的に理解してもらう良い機会です。これから一緒に働くメンバーとして、歓迎したいという気持ちが、「飲み会の招待」になるのでしょう。この場合注意すべき点がいくつかあります。飲み会では当然ですが、アルコールを飲みながらの会話となります。場を盛り上げようと、悪気無く「暴露話」が出てくるかもしれません。行動にもゆるみが出がちですから、学生に誤解されるような振る舞いにも気を付ける必要があります。

最近「内定辞退」について、大きく話題になった出来事がありました。企業も学生も、不安を解消したいと願う一方で、お互いに不安を作る活動をしあっている矛盾も感じました。

2021卒新卒より、いわゆる経団連ルールは撤廃されます。内定辞退にエネルギーをかけるより、入社に向けた内定者に「成長」を促すことに、エネルギーをかけていくような、そんな採用活動をしていただきたいと感じます。

いかがでしたか?

これからも、必要な時期にマッチした有益情報を発信していきます。お楽しみに!

ライター紹介

大山 佳子

http://www.office-patty.jp/

金城学院大学文学部国文学科卒業
東邦ガスにて、資材、営業企画等を担当。特に、2003年3社合併時のBPR推進プロジェクトで、働く環境の変化と社員意識との関係に関心を持ち、キャリア開発について学び始める。
資格取得後、リクルートエージェント株式会社(現リクルートキャリア)に転職。主に第二新卒・医療分野における、個別相談によるキャリア支援に専心した。
現職では、10年間におよぶ個別相談経験を活かし、業務を学校や企業に向けた、オーダーメイドのキャリアプログラム開発を担当している。

キャリアコンサルタント(国家資格,登録No. 16002272)
2級キャリアコンサルティング技能士(国家資格)
JCDA(Japan Career Development Association)会員
日本キャリア教育学会会員
有限会社オフィスパティ ヒューマンリソース事業担当部長

関連記事

採用力UP講座 「第二新卒」を正しく理解しよう

採用力UP講座 「第二新卒」を正しく理解しよう

採用力UP講座 「中途採用者」の離職を阻止しよう

採用力UP講座 「中途採用者」の離職を阻止しよう

採用力UP講座 「変化に柔軟な採用」へ準備をしましょう

採用力UP講座 「変化に柔軟な採用」へ準備をしましょう

ジモト採用のことなら名大社にご相談ください

採用でお困りでしたら私たちがサポートに伺います

弊社は創業以来クライアント数延べ3,000社、東海エリアのジモト企業と求職者の数々の出会いの場を創出してきました。

ジモトに根ざした名大社だからこそわかる個社の魅力を発見し、求職者に誠実に伝えていく為、全力でサポートさせて頂きます。