名大社が伝える中小企業の採用担当者向けメディア
POWERED BY 名大社
求職者の方はこちら
求職者の方はこちら

魅せる会社になるためにvol.35 ~何から始める?ブランディング~

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

新元号も決まりました。

「令和」

すてきな響きですよね。

 

発表後、決定に至るまでのプロセスが紹介されていましたが、一足飛びにいかないのは、ブランディングも同じこと。今回もステップを一つ上がって参りましょう。

 

ミクロ分析のフレームワーク「3C

先月お伝えした通り、ブランディングの目的が明確に定まったら、次に向き合うステップのテーマは「市場機会を発見する」ことにあります。先月は、マクロ分析という側面から「PEST」を紹介しておりましたが、今回は、ミクロ分析のフレームワーク「3C」を活用します。

3Cとは、「自社(Company)」、「競合(Competitor)」、「顧客(Customer)」という3つの要素を指し、その3つの環境についてそれぞれ、

  • 自社(Company)の強みと弱みは何か?
  • 競合(Competitor)は、どのようなサービスを提供しているのか?
  • 顧客(Customer)のニーズや不満はどのようなものか?

という切り口で、考察を深めていきます。

ステップのゴールは、3つの環境の情報を収集、整理し、市場における自社の事業発展の機会がどこにあるのか、仮説を立てることです。

要点は、顧客のニーズやウォンツ(不満等の解決)と、自社の強みがマッチするポイントを探ることなのですが、そこには競合他社が存在しますので、強みが被ると、価格競争に陥ってしまい、市場機会と思われた世界が、レッドオーシャン状態に・・・

そこを把握したうえで、お作法としては、

  • その1、先ず顧客(Customer)から考える

マーケット・イン志向で取り組み始めるわけですね

  • その2、次に競合(Competitor)を考える

ここでは同業他社だけではなく、間接競合も視野に入れましょう。例えば、町のケーキ屋さんであれば、間接競合はコンビニであったり、ネット通販だったり・・・いや、現在はそれら新(別)業態が、真の競合相手なのかもしれませんよね。

  • その3、そして競合が取り組まない分野で、自社の強みが活かせる顧客ニーズに着目する

仕上げは、今一度全体像を俯瞰した上で、市場機会仮説を文章に落とし込み、ブルーオーシャンを見出していく。そんなプロセスです。

 

まだまだ十分活用できるフレームワーク

この3C分析、1980年代前半に、経営コンサルタントの大前研一氏が考案されたのですが、後年、新しい経済領域(サイバー経済、マルチプル経済、ボーダレス経済)の出現により、3Cは通用しなくなったとも主張されているようです。しかしながら、一度取り組んでみていただければ、まだまだ十分活用できるフレームワークであることが体感できますし、実際、ブランディングにおいては、必要不可欠なステップだと確信しております。

ご興味ある方は、是非名大社様を通じて、お問合せくださいませ。次回は、分析の仕上げ、SWOTを活用したステップについて話を進めてみたいと思います。

引き続き、お役にたてれば幸いです。

ではでは!

ライター紹介

櫻山 貴文

http://p-sankoh.co.jp/

1966年11月名古屋市内で生を受け、1985年3月まで名古屋弁を喋りまくる。
1985年4月、大学進学と同時に憧れの吉祥寺界隈で東京ライフをスタート。俄仕込みの疑似標準語を駆使しながら、当時の典型的な学生生活を経て、バブル真っ只中のコンピューター業界へ。メインフレームからワープロまで、システム営業を中心に約5年間、東京圏の華やかなビジネスシーンを経験させていただく。
1994年父親が経営する印刷会社にUターン転職。億単位から銭単位の商談の変化と10年ぶりの名古屋弁の世界に一瞬戸惑うも、営業職一筋で名古屋の温かい文化に浸り人情を勉強させていただく。プロバイダー事業の失敗、ファブレス化の選択、ヘルスケア小売事業参入、モバイル・マーケティング事業参入等、トライ&エラーを重ねながらも、2003年11月に代表取締役に就任以降、今日まで株式会社サンコーのリーダーとして、周囲の皆様に支えられながら何とかやっております。
学 歴
1985年 3月 愛知県立横須賀高等学校 卒業
1989年 3月 明治大学商学部商学科  卒業
職 歴
1989年 4月 富士通株式会社 入社
1994年 4月 同社 退職
1994年 6月 株式会社サンコー 入社
2003年11月 同社 代表取締役社長に就任 現任に加えて、2014年4月~ バリュー・プロモーション株式会社 代表取締役社長を兼務
その他
経営品質協議会認定セルフアセッサー(2003年度より)
一般社団法人日本ほめる達人協会認定「ほめ達!」検定3級
明治大学校友会名古屋地域支部常任幹事
愛知県立横須賀高等学校同窓会総務
中部経営塾 代表幹事
一般財団法人ブランド・マネージャー認定協会1級資格取得者

関連記事

ジモ採るコラム 魅せる会社になるためにvol.40 ~何から始める?ブランディング~

ジモ採るコラム 魅せる会社になるためにvol.40 ~何から始め…

魅せる会社になるためにvol.39 ~何から始める?ブランディング~

魅せる会社になるためにvol.39 ~何から始める?ブランディン…

魅せる会社になるためにvol.38 ~何から始める?ブランディング~

魅せる会社になるためにvol.38 ~何から始める?ブランディン…

ジモト採用のことなら名大社にご相談ください

採用でお困りでしたら私たちがサポートに伺います

弊社は創業以来クライアント数延べ3,000社、東海エリアのジモト企業と求職者の数々の出会いの場を創出してきました。

ジモトに根ざした名大社だからこそわかる個社の魅力を発見し、求職者に誠実に伝えていく為、全力でサポートさせて頂きます。