名大社が伝える中小企業の採用担当者向けメディア
POWERED BY 名大社
求職者の方はこちら
求職者の方はこちら

採用基礎力UP講座 魅力発掘力 ~今こそ“中途採用”最適時期~

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

こんにちは。キャリアコンサルタント大山です。

いよいよ3月1日。本日より、2018卒向け採用活動の開始です。シリーズでお送りする、①魅力発掘力②把握力③発信力 で構成される「採用基礎力」。

第十二弾は、今だからこそ効果的な「中途採用」について、「魅力発掘力」を切り口に考えていきます。

201702

これからの時期は、新卒向け会社説明会、エントリーシートチェック等の新卒採用業務。年度末の退職者対応。さらに4月から始まる新入社員教育や人事異動対応等、最も業務多忙のはずです。そのため、「中途採用」には時間を割くことが難しく、中途採用活動をほぼストップしてしまう企業が多いようです。この記事を読んでいる方も、「中途採用」なんて全く手が回らないイメージが強いかもしれません。

しかし、年度末からボーナス支給頃までは、多くの転職希望者が活動を開始する時期でもあるため、良質な人材が転職市場に多く存在する、実は「中途採用」を考えるにあたって、注目すべき時期なのです。この時期だからこそ、「中途採用」に目を向けることで、良い人材と出会えるチャンスが広がることをお伝えしていきたいと思います。

 

潜在的な転職志望者の存在を知る

今の時期は、年度末の上司面談などを通じ、これまでの「働き方」や将来の「働き方」について考える機会が多いため、初めて転職について考え始める潜在的な転職希望者が多い時期です。新卒採用情報を見聞きすることで、改めて今の自分の働き方を問い直す場合もあるようです。

新卒向けの豊富な企業情報があふれる時期だからこそ、他企業での働き方を探ることを考え始める方が多いという事なのです。

 

慎重な転職活動スタート者が多いことを知る

中部地区は、まだまだ転職について慎重な考えを持つ方が多い地域です。そのため、すぐ動こうとするより、まずは、転職状況を見極めようと考える方が多い、という特徴があります。転職情報は、新卒での活動時より情報が少ないと感じることが多く、活動をスタートすべきかどうかで悩み、さらにスタートしたとしても、かなり慎重な活動となる方が多いようです。

潜在的な需要がある転職市場ですが、そうはいっても中途採用者向けに時間が割けない印象をお持ちの方が多いかと思います。なるべく効率的に進めていくため、効果的なポイントをお伝えしていきましょう。

1.新卒向けの会社説明会を中途採用者にも活用しよう

初めて転職希望者にとっては、新卒活動時との比較で、会社情報を収集する機会の少なさに最も不安を感じるようです。よりリアルな情報に飢えている転職希望者にとって、面接前に企業情報を知ることが出来る機会は貴重と感じるはずです。

新卒向けの会社説明会を、中途採用者に活用することは、皆さんにとっても効率的な採用に繋がるはずです。ただし、活用方法には工夫が必要です。

学生向けと全く同じ内容という訳にはいきませんが、学生向けと比較すると圧倒的に短い時間で済むというメリットに加え、同日開催にすることで、中途採用者向けのみに人員を割く必要がないことも、効率化に繋がるはずです。

2.大手企業との日程バッティングを効果的に回避しよう

就活学生は、大手企業⇒中小企業という順序で、興味の範囲を広げていくことが多く、活動初期である今の時期は、学生集めに苦戦することが多いのではないでしょうか。

一方、大手企業は、6月頃まで中途採用には全く時間を割かず、新卒採用にのみ注力するため、転職希望者は、まずは中小企業に注目することが多いようです。

また、転職希望者は、いきなり大手企業にチャレンジする方は少なく、中小企業⇒大手企業という順序で、応募を進めようと考えている方が多いという、就活学生とは逆の順序で進めていくという特徴があります。今の時期だからこそ、中途採用に力を入れることは、かなり効果的なことなのです。

いかがでしたか? 今だからこそ「中途採用」に力を入れる効果を知り、ぜひ参考にしていただければと思います。これからも、必要な時期にマッチした有益情報を発信していきます。お楽しみに!

ライター紹介

大山 佳子

http://www.office-patty.jp/

金城学院大学文学部国文学科卒業
東邦ガスにて、資材、営業企画等を担当。特に、2003年3社合併時のBPR推進プロジェクトで、働く環境の変化と社員意識との関係に関心を持ち、キャリア開発について学び始める。
資格取得後、リクルートエージェント株式会社(現リクルートキャリア)に転職。主に第二新卒・医療分野における、個別相談によるキャリア支援に専心した。
現職では、10年間におよぶ個別相談経験を活かし、業務を学校や企業に向けた、オーダーメイドのキャリアプログラム開発を担当している。

キャリアコンサルタント(国家資格,登録No. 16002272)
2級キャリアコンサルティング技能士(国家資格)
JCDA(Japan Career Development Association)会員
日本キャリア教育学会会員
有限会社オフィスパティ ヒューマンリソース事業担当部長

関連記事

採用力UP講座 「第二新卒」について正しく理解しよう

採用力UP講座 「第二新卒」について正しく理解しよう

採用力UP講座 「中途採用者」の離職を阻止しよう

採用力UP講座 「中途採用者」の離職を阻止しよう

採用力UP講座 「変化に柔軟な採用」へ準備をしましょう

採用力UP講座 「変化に柔軟な採用」へ準備をしましょう

ジモト採用のことなら名大社にご相談ください

採用でお困りでしたら私たちがサポートに伺います

弊社は創業以来クライアント数延べ3,000社、東海エリアのジモト企業と求職者の数々の出会いの場を創出してきました。

ジモトに根ざした名大社だからこそわかる個社の魅力を発見し、求職者に誠実に伝えていく為、全力でサポートさせて頂きます。