名大社が伝える中小企業の採用担当者向けメディア
POWERED BY 名大社
求職者の方はこちら
求職者の方はこちら

人材紹介の長所と短所

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

採用ツールとして人材紹介を活用する企業が徐々に増えてきています。弊社への問い合わせも増えてきており、認知度も高くなってきている証拠ではないでしょうか。

ひと昔前ですと大手企業の利用が多かったイメージですが、中小企業からの問い合わせも増えてきています。

 

人材紹介の長所

 成果報酬であるということ

中小企業でも問い合わせが増えた理由として一番多いのは 「成果報酬であるということ」です。

採用が決まり、入社したら紹介手数料を支払う契約なので、広告のように掲載したが採用できず、広告費が消えてしまうという事がない事をメリットに感じてもらえているようです。

ただ、私がこの仕事をしていて紹介会社の利用する一番のメリットは

「採用したい人を逃すリスクを軽減できる」

だと思っています。

採用したいと思った人の本音を企業の人事担当が直接聞くのは意外と難しく、ボタンの掛け違いで、内定辞退等、採用できなくなる事もあります。

応募者の本音や、面接後の印象、他社応募状況など把握している紹介会社に相談することで、応募者に歩みより、相手のニーズに合わせた自社をPRすることで入社意欲を喚起することもできます。

採用したい人=入社してくれる人

とは限らないので、採用してもいいレベルをクリアしている人への打診が後ろ倒しになることで二兎を追う者は一兎をも得ず状態を避けるために人材紹介の活用は有効的だと思います。

採用を効率化できる

紹介会社はWEBなどでは書ききれない細かい応募ニーズをヒアリングをすることでスクリーニングをしますので、書類選考数を絞ることができますし、精度の高い面接をすることができます。応募者との日程調整、連絡などをやってもらえるのも効率化につながります。

1社から複数の方の応募を受け付けた場合は、担当に話をするだけで調整しれくれるので、その手間が省くことができます。

非公開もしくはWEBでは公開しにくい情報を求職者に伝えられる

社内や、同業などに知られたくない求人の場合、紹介会社を通すことで求人募集をすることできます。

  • 新規事業を始めるための人材が欲しい
  • 幹部を入れ替えたい
  • 社内にオープンにできないキーマンの退社にそなえて補強したい

など、特に経営に影響が大きい採用をする場合は、社長自ら紹介会社と話をすることでピンポイントで欲しい人材に出会える可能性があります。

上記のような難しい案件だけでなく、募集背景や、職種内容、条件面など詳細はなかなか公開求人では出しづらく、応募者確保が難しい場合、候補者に紹介会社経由で説明してもらう事で応募を促してもらうことができます。

世間の採用動向、市場動向の情報が得られる

自社の求めるスペック、給与水準と、世間の相場との対比は中々わかりにくいですが、様々な企業や、人材に日々接している紹介会社は市場の相場感を持っています。そもそも求めている人材がいるのかどうかも相談できます。自社のニーズと、市場のニーズとすり合わせができるのも魅力の一つです。

 

人材紹介の短所

人材紹介にも短所というかウィークポイントがあります。

成果報酬とは言え、金額が高い

一般的に紹介手数料は年収の30%と言われています。年収400万の方を採用すると120万円が必要になります。1人の採用単価が100万を超えるというのは簡単な金額ではありません。

単価が高くなるので、選考のハードルが上がってしまう。

企業によっては紹介会社を利用することで単価が上がるので、採用ハードルを高くしてしまう場合があります。ハードルが上がってしまった結果、対象となる人材が少なくなり、応募が減り決まりにくくなってしまいます。

公募ではないので、職種によっては応募の絶対数が少なくなってしまう。

求めるスペックが高ければ高いほど応募者が少なくなりますし、そもそも人材紹介会社に登録している人材の中で提案されることになるので、紹介会社をあまり絞りすぎると紹介の絶対数が少なくなります。

紹介会社を増やして多くのチャネルを持つ事も必要になります。

応募者の精度が低い紹介会社だと対応業務が増えてしまう

ヒアリングをしたにも関わらず、的外れな人材を多く提案されてしまうことで対応に時間を割かれ、社内に展開する工数も増えることがあるので、注意が必要です。

企業担当と、求職者担当が別々でやっている紹介会社の場合はどうしても精度が落ちてしまう傾向があるので、求人票に詳細に条件を記入するなどの対策が必要になってくるかもしれません。

 

ここまで上げたように人材紹介利用における長所、短所はありますが、使う目的が人材を採用することである以上、優先的に自社に人材を紹介してもらえる関係を作ることが重要です。

人材紹介会社として採用に協力してくれる会社に積極的に関わろうとします。成果報酬ですので、成果につながるという期待感がモチベーションとなることを考えればどうすればいいかが見えてくるのではないでしょうか。

  • 積極的に面接をする
  • 書類選考、面接の結果をしっかりフィードバックする
  • 選考のスピードが速い
  • 直近の応募者状況・評価を伝え、採用ハードルを共有する

求職者も紹介会社1社だけに登録しているわけではないですし、応募企業も1社だけでない可能性が非常に高くなってきます。上記のようにスピード感と情報の共有を図る対応をすると、求職者の方への対応も早くできて、情報も正確に伝えることもでき、紹介会社と信頼関係が生まれ、ひいては、求職者の企業への入社意欲を高めやすくもなります。

長所と短所を把握し、うまく使っていただくことで効率的、効果的な採用ができれば幸いです。

ライター紹介

株式会社 名大社

http://www.meidaisha.co.jp/

株式会社名大社
東海地区に根ざし、企業展や転職フェアなどの合同企業説明会や新卒ナビを通し、創業以来一貫して、企業と人との"出会いの場"を提供する就職情報会社。
延べ3000社にのぼるクライアントと築いてきた信頼と実績に支えられ、独自の採用サービスを展開する。
より深い信頼関係を築く中で見えてくる個社の魅力を求職者に伝えていくことを使命に、ジモトの人と企業の"ハブ"として、地域活性化への貢献を目指す。

関連記事

職場の居心地の良さと仕事のパフォーマンスを両立させるためには~株式会社東海メディエイト~

職場の居心地の良さと仕事のパフォーマンスを両立させるため…

求職者に響く、現場技術職のアピール方法に迫る!~株式会社タカノ~

求職者に響く、現場技術職のアピール方法に迫る!~株式会社…

専門知識の取得が必須の医療機器販売業界で人材の定着を促す秘策とは?

専門知識の取得が必須の医療機器販売業界で人材の定着を促す…

ジモト採用のことなら名大社にご相談ください

採用でお困りでしたら私たちがサポートに伺います

弊社は創業以来クライアント数延べ3,000社、東海エリアのジモト企業と求職者の数々の出会いの場を創出してきました。

ジモトに根ざした名大社だからこそわかる個社の魅力を発見し、求職者に誠実に伝えていく為、全力でサポートさせて頂きます。