名大社が伝える中小企業の採用担当者向けメディア
POWERED BY 名大社
求職者の方はこちら
求職者の方はこちら

地元で働く、を想うVol.25

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

こんにちは!名大社の山田です。令和の時代に入り、初めてのジモ採るコラムとなります。大体みなさん同じような挨拶ですね(笑)。

この新しい時代に名大社は50周年を迎えます。一つの区切りになるのは間違いありませんが、新たな時代と共に地域に貢献できる会社作りをこれからもしていきます。ご支援の程、よろしくお願い致します。

このコラムはずっと「地元で働く」をテーマに書いています。極度の地元志向で、そうでない者を排除しようと考えているわけではありません。自分にとって働くに相応しい場所がたまたま地元であれば幸い、その程度の考えです。この東海地区以外にも魅力ある土地はいくつもあります。魅力ある会社も多数存在するのです。やはり出会いはご縁でしかないですね。

 

この求人倍率をどう見るか

4月24日にリクルートワークス研究所から大卒求人倍率(2020卒)が発表されました。1.83倍という高い求人倍率ですが、昨年よりも0.05ポイント下がり、8年ぶりに低下しました。300名未満の企業も前年の9.91倍から8.62倍と1.29ポイント下がりました。まだまだ高い数字であるのは事実です。しかし、従業員規模間の倍率差は縮小しています。

ここから何が言えるのでしょうか?我々にとって都合のいい見方をすれば、少しずつではあるが学生の視線が中小企業に向かっているともいえます。

それは私自身が実感することでもあります。弊社でもGW明けに最終面接を行いました。この最終面接では私が学生さんと1対1で1時間面談します。そこでお互いの価値観について話し合うのです。ご存知の通り、名大社は30数名の中小企業。規模だけで見れば相当小さな会社です。

その中で名大社の選考を受ける学生さんは規模で名大社を判断することはありません。自分のやりたいことや、やれそうなことを踏まえながら、会社に向き合っているのです。それは人材業界に特定されるわけではありません。業界にこだわらず、自分の軸と向き合いながら企業選びをしています。そこを探っているようにも感じます。そのため私も包み隠さず、できることはできる、できないことはできない、嘘偽りのない話をしています。それは採用に関わるメンバー全員がその姿勢で向き合っています。

 

見せるべきを見せる

完全にプライベートの話にもなりますが、私の娘も大学4年生。就活生です。普段の生活の中で就職における相談を受けたことはほとんどありません。私の講演を2回ほど聴いたくらいです(笑)。弊社のキャリアアドバイザーには相談していたようですが・・・。

彼女は最近、内々定を頂き、就職活動を終了させました。愛知県の中小企業です。それもBtoBのため、一般的な知名度や学生の認知度は小さい企業。勤務地も名古屋駅やその周辺ではなく郊外の会社です。親バカかもしれませんが、そんなに出来の悪い娘ではありません。大手企業でも立地のいい会社でも内定は獲得できたと思います。しかし、彼女が選んだのは規模も小さく決してアクセスがいいとはいえない企業です。

理由を確認しました。社長としっかり話ができたこと、説明会から丁寧な対応で接してくれたこと、納得するまで話を聞いてくれて仕事について理解できたこと、オープンに会社を見せてくれたこと。それが大きな理由なようです。

普段、私が企業向けの講演や学生向けの講演で話をしていることが当てはまっているというのは、自分勝手な想いでしょうか?(笑)。

私はその選択は正しいと考えています。実際に働いてみないと自分に合っているかどうか分かりません。仕事の適性も分かりません。しかし、少なくともその企業に共感し、その環境に馴染めるのであれば、自分を高めることはできるはずです。それを信じています。

このコラムで娘への愛を伝えたいのではありません。弊社の選考も含め、中小企業が行うべき採用のヒントが隠されていると思うのです。まだまだ大手志向、有名志向は高いですが、着実に風向きは変わってきています。これからチャンスは少しずつ広がっていくでしょう。私たちも企業の魅力を伝えられるよう、最大限サポートをさせて頂きます。

ライター紹介

山田 哲也

http://www.meidaisha.co.jp/

株式会社名大社 代表取締役社長
1966年5月22日生まれ。岐阜県岐阜市出身。
1989年、愛知大学法経学部経済学科卒業後、株式会社名大社に入社。営業部門にて、東海地区の企業に対し新卒採用、中途採用の支援を行う。
その後、営業マネージャーの傍ら、インターネット事業の責任者、大学サポートの責任者の業務を担当。
副社長を経て、2010年5月より社長として全体を統括。
現在は、数少ないFBAAファミリービジネスアドバイザー認定資格者として、同族企業の持続的成長支援にも従事。
また、経営者向けセミナー、人事担当者向けセミナー、大学内の就職ガイダンスで講演も行う。

FBAAファミリービジネスアドバイザー
資格認定証保持者

厚生労働省指定
CDA(キャリア・ディベロップメント・アドバイザー)

前向きに行こう! 名大社 社長ブログ
http://www.meidaisha.co.jp/president/

関連記事

地元で働く、を想うVol.24

地元で働く、を想うVol.24

地元で働く、を想うVol.23

地元で働く、を想うVol.23

地元で働く、を想うVol.22

地元で働く、を想うVol.22

ジモト採用のことなら名大社にご相談ください

採用でお困りでしたら私たちがサポートに伺います

弊社は創業以来クライアント数延べ3,000社、東海エリアのジモト企業と求職者の数々の出会いの場を創出してきました。

ジモトに根ざした名大社だからこそわかる個社の魅力を発見し、求職者に誠実に伝えていく為、全力でサポートさせて頂きます。