名大社が伝える中小企業の採用担当者向けメディア
POWERED BY 名大社
求職者の方はこちら
求職者の方はこちら

社労士ノリコの事件簿④~外国人技能実習生編~

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

「うーん、このパン、美味いなー。おかわりをもらおう!」

最近、お腹が出てきたと嘆いている所長。

「そんなに食べたらお腹が更に出ちゃいますよ。」

キミちゃんにたしなめらて、

「そ、そうだね。」

おかわりを諦めたらしい。

キミちゃんは、子育て奮闘中の事務担当者だ。元「栄養士」だけあって、何かと食に関して役立つアドバイスをしてくれる。

 

今日は、事務所の忘年会

洒落たレストランで美味しい料理を堪能している。普段から飲み会ばかりに行っている所長だが、たまには、良いお店に所員を連れて来てくれる。

「早いものね、アッという間の1年だったわ。ノリコ、来年も頑張らなくっちゃ!」

私は、デザートを食べながら決意を新たにした。

「ガチャン!」「キャッ!」「スッ、スミマセン」

隣のテーブルが騒がしい。見てみると、ウェイトレスが、水をこぼしたようだ。盛んに謝っている。

「あれは、きっと留学生のアルバイトだなぁ。」

所長が呟いた。

 

ベトナム人の実習生の失踪

私は、ノリコ。

社会保険労務士として、企業の人事労務のアドバイスを専門にしている。数ヶ月前、私が担当するクライアントでこんな事件があった。そのクライアントは、自動車部品を作る二次サプライヤーの下請け企業。人手不足対策として外国人技能実習生を雇っていた。主にベトナム人の実習生で部品の加工を行っていた。その内の一人が、突然、失踪してしまったのである。

総務部長の綾野さんから、どうしたものかと連絡が入った。

「技能実習生が失踪したときには、入管にその旨を報告しなければなりません。この場合、御社の労務管理が不適切であったとされると、不法行為があったものとみなされます。そうすると、当面技能実習生の受入ができないことにもなりかねません。」

「ウチは、給料もキチンと支払っているし、有休も取らせています。何も問題はないと思いますが。」

「まずは、次のことを行なってください。

  1. 事故に遭った可能性がないかの情報収集。
  2. 失踪原因をできる限り正確に把握。
  3. 情報を監理団体と共有し、協力して対策を検討。
  4. 送り出し機関に失踪の事実を伝え、本人から家族に連絡がなかったかを確認。
  5. 地方入国管理局に失踪を報告。
  6. 犯罪等に巻き込まれた可能性を考慮し、所轄の警察署に報告。
  7. 他の技能実習生に対し説明を行い、動揺・連鎖反応の発生防止に努める。

以上のことを確実に行うことが大切です。」

綾野総務部長は、早速これらのことを部下と協力して実行した。その結果、ベトナムの彼女に会いたい一心で帰国していることが判明した。

「何て奴だ!人の気も知らないで。」

綾野部長は、カンカンに怒っている。

「ノリコ先生、自分で勝手に帰国したんだから、もう、退職の手続きを進めてください。退職日までの給料はどうしましょう?」

「綾野部長、ちょっと待ってください。勝手に帰国してしまったことは、彼が責められるべきです。しかし、日本に戻って、また働く意志はないのですか?」

「電話では、1週間後に日本に戻って来て、働きたいと言っていました。でも、そんな奴は、クビにして良いですよね。」

「彼との労働契約は、どうなっていますか?」

「監理団体が準備してくれた二か国語併記の契約書を使いました。だから、内容は詳しくは、分かりません。」

「そうですか、では、解雇は難しいかも知れませんね。」

 

労働契約書には

「エーッ、どうしてですか?」

「御社の就業規則には、無断欠勤は、懲戒の対象とされていますよね。その基準からすると、始末書が妥当な処分と思います。それどころか、日本語をよく理解出来ない実習生には、就業規則の内容はほとんど分かっていないと思います。つまり、彼らには、就業規則が周知されていない状態です。」

「そうなんですか?じゃあ、どうしたら良いでしょう、」

「そうですね、再度、働くことを認めて、キチンと注意をする。労働契約書を作り直して、無断で帰国した場合の処分などをちゃんと取り決めておく。懲戒や服務規定を含めてベトナム語と日本語の併記をしておくことですね。退職の要件もキチンと定めておきましょう。」

「分かりました。ノリコ先生にお願いしてよろしいですか?」

エーッ!?私、ベトナム語なんて、全く分からない。どうしようかしら?そうだ、所長の知り合いに翻訳をやっている人がいたわ。所長もたまには、役に立つじゃない。

「分かりました。内容は、部長さんと協議しながら決めることとします。ベトナム語の翻訳に費用がかかりますが、よろしいですか?」

「エエ、結構です。よろしくお願いします。」

くだんの実習生は、予定通り戻って来て、何食わぬ顔で働いているらしい。綾野部長はじめ、総務部の社員が、実習生の日常生活にも積極的に関わるようにしたそうだ。他の実習生に対しても悪い影響はないと聞いている。今回は、失踪ではなくて良かった。今後、技能実習生だけじゃなく外国人労働者が増加すると予想される。

「なんだか知らないけど、仕事が勝手にグローバル化されているわ。益々、知識と情報のインプットが重要になるわね。」

「所長、何をブツブツ言っているんですか?ちょっとボケたのかしら?」

キミちゃんの言葉が耳に入らなかったように所長は、「あのウェイトレスの女の子、可愛いから、ウチでバイトしてくれないかな~。」

「所長、そんなこと考えていたの?モーッ、飲むことと可愛い女の子のことしか考えてないんだから。セクハラ疑惑で皆んなでとっちめてやろうかしら。」

ライター紹介

竹田 紀子

http://www.asahi-support.jp/

社会保険労務士法人 あさひ合同事務所
特定社会保険労務士
大手ホテル系レストランで、人事・労務に従事。
社会保険労務士資格取得後は、社会保険労務士事務所に勤務し経験を積む。
その後、愛知労働局 総合労働相談コーナーにて労働相談員として労働相談を受け、企業側、労働者側双方からの数多くの事例に労務管理のプロとして対応してきた。
現在の事務所に入所後は、顧問先の様々な問題に対するアドバイスを精力的に行っている。

関連記事

社労士ノリコの事件簿⑧~試用期間中または満了での解雇は可能なのか~

社労士ノリコの事件簿⑧~試用期間中または満了での解雇は可能…

社労士ノリコの事件簿⑦~問題社員に対する懲戒処分編~

社労士ノリコの事件簿⑦~問題社員に対する懲戒処分編~

社労士ノリコの事件簿⑥~年休編~

社労士ノリコの事件簿⑥~年休編~

ジモト採用のことなら名大社にご相談ください

採用でお困りでしたら私たちがサポートに伺います

弊社は創業以来クライアント数延べ3,000社、東海エリアのジモト企業と求職者の数々の出会いの場を創出してきました。

ジモトに根ざした名大社だからこそわかる個社の魅力を発見し、求職者に誠実に伝えていく為、全力でサポートさせて頂きます。