名大社が伝える中小企業の採用担当者向けメディア
POWERED BY 名大社
求職者の方はこちら
求職者の方はこちら

ジモ採るコラム 魅せる会社になるためにvol.29 ~何から始める?ブランディング~

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

先回は、「次回以降、いよいよ、ブランド構築のステップについて、掘り下げてお伝えできれば・・・」と締めくくっておりました。ところが、その前にお伝えしたいことを失念しておりまして。ブランド構築のステップのお話の前に、もう少し、ブランド概論にお付き合いください。

 

ブランドは誰のためにある?

はい、本日のテーマは、ブランドは誰のためにある?というものです。そんなの、商品やサービスを提供する側に決まってるじゃないか!なんて、声が聞こえてきそうですが、シリーズ第一回を想い出してみてください。

「ブランドの本質とは、受け手、すなわち顧客側の心の中にあるのです。」という話を踏まえ、「ブランドとは、受け手の心の中に湧き上がったイメージと結ばれたもの」とまとめておりました。

そう、本日のテーマの回答は、ブランド構築の受益者は、提供する(ブランドを発信する)側のみならず、顧客側でもあるというお話です。順番に繙いてまいりましょう。

 

ビール売り場

例えば、小売店のビール売場を想像してみましょう。日本の四大メーカーが、各々数多くの銘柄をラインナップさせています。

ちなみに、シェアトップのA社WEBサイトの商品ページを確認すると、ビールだけでも、フラッグシップのSドライに始まり、瞬冷辛口、グランマイルド、ドライプレミアム豊穣、ドライブラック、A生ビール、Aザ・ドリーム、熟撰、食楽、スタウト、Aザ・ダブル・・・と十種類以上・・・これだけでも、迷ってしまいますよね。

その上、ビールのみならず、発泡酒ならびに第3のビール(新ジャンルという位置づけ)と続きます。

これらのラインナップが、四大メーカーそれぞれに、準備されているのです。しかも、その他、小規模のクラフトビール(地ビール)や輸入ビールの類が加わりますので、品揃えの豊富な売り場なら、100種類以上のビール系飲料が販売されているかもしれません。この中から、自分が飲むべきビールを選ぶのって、至難の業ですよね。

しかしながら、ブランドを認知・識別することができていれば、他のモノと区別して認識し、結果、自分が望む商品、例えば「熟撰」を選び、購入することができるのです。このことを、マーケティング的には、「探索コストの低減」と称しますが、ブランドが識別されていれば、調べたり、検討したりする労力を最低限に抑えられるという訳です。

 

格安スマホ

次に、格安スマホへの契約変更を検討するケースを、想像してみてください。

乱立するサービス群の中から、契約先を選ぶのに、膨大な情報から比較検討するのみならず、窓口に何度も足を運んで説明を受け、ひょっとしたら、その労力はランニングコストの低減分以上に及ぶことも珍しくないのではないでしょうか。この分野では、突出したブランドは、まだまだ構築されていないと言えるかもしれませんね。
ブランドの受益者は、顧客側でもあるというお話、ご理解いただけたでしょうか。

こちらのテーマ、来月も掘り下げてみたいと存じます。

今回のコラムもお役にたてれば幸いです。

ではでは!

ライター紹介

櫻山 貴文

http://p-sankoh.co.jp/

1966年11月名古屋市内で生を受け、1985年3月まで名古屋弁を喋りまくる。
1985年4月、大学進学と同時に憧れの吉祥寺界隈で東京ライフをスタート。俄仕込みの疑似標準語を駆使しながら、当時の典型的な学生生活を経て、バブル真っ只中のコンピューター業界へ。メインフレームからワープロまで、システム営業を中心に約5年間、東京圏の華やかなビジネスシーンを経験させていただく。
1994年父親が経営する印刷会社にUターン転職。億単位から銭単位の商談の変化と10年ぶりの名古屋弁の世界に一瞬戸惑うも、営業職一筋で名古屋の温かい文化に浸り人情を勉強させていただく。プロバイダー事業の失敗、ファブレス化の選択、ヘルスケア小売事業参入、モバイル・マーケティング事業参入等、トライ&エラーを重ねながらも、2003年11月に代表取締役に就任以降、今日まで株式会社サンコーのリーダーとして、周囲の皆様に支えられながら何とかやっております。
学 歴
1985年 3月 愛知県立横須賀高等学校 卒業
1989年 3月 明治大学商学部商学科  卒業
職 歴
1989年 4月 富士通株式会社 入社
1994年 4月 同社 退職
1994年 6月 株式会社サンコー 入社
2003年11月 同社 代表取締役社長に就任 現任に加えて、2014年4月~ バリュー・プロモーション株式会社 代表取締役社長を兼務
その他
経営品質協議会認定セルフアセッサー(2003年度より)
一般社団法人日本ほめる達人協会認定「ほめ達!」検定3級
明治大学校友会名古屋地域支部常任幹事
愛知県立横須賀高等学校同窓会総務
中部経営塾 代表幹事
一般財団法人ブランド・マネージャー認定協会1級資格取得者

関連記事

魅せる会社になるためにvol.31 ~何から始める?ブランディング~

魅せる会社になるためにvol.31 ~何から始める?ブランディン…

魅せる会社になるためにvol.30 ~何から始める?ブランディング~

魅せる会社になるためにvol.30 ~何から始める?ブランディン…

ジモ採るコラム 魅せる会社になるためにvol.28 ~何から始める?ブランディング~

ジモ採るコラム 魅せる会社になるためにvol.28 ~何から始め…

ジモト採用のことなら名大社にご相談ください

採用でお困りでしたら私たちがサポートに伺います

弊社は創業以来クライアント数延べ3,000社、東海エリアのジモト企業と求職者の数々の出会いの場を創出してきました。

ジモトに根ざした名大社だからこそわかる個社の魅力を発見し、求職者に誠実に伝えていく為、全力でサポートさせて頂きます。