名大社が伝える中小企業の採用担当者向けメディア
POWERED BY 名大社
求職者の方はこちら
求職者の方はこちら

職場の居心地の良さと仕事のパフォーマンスを両立させるためには~株式会社東海メディエイト~

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

職場の居心地の良さと仕事のパフォーマンスを両立させるためには

地元志向が強いここ東海地区では、腰を据えて働くことができる環境を求めて、転職活動を始めるケースは非常に多い。求職者が求める職場の居心地の良さや仕事のパフォーマンスが高まる環境とは何だろうか?

中途社員の定着率の高い、東海メディエイトの神野氏、大島氏に、その理由になるものについて、話を伺った。

 

株式会社東海メディエイト

東海エリアを中心に約80店舗以上展開しているキョーワ調剤薬局や、在宅療養支援、訪問介護などの事業を運営するキョーワグループを母体とするジェネリック医薬品の専門総合商社

医薬品営業課 第1グループリーダー兼任 課長 神野 光章 様(写真右)

業務統括チーム 大島 礼宗 様(写真左)

 

安定した働き方求めて

ー御社は、中途採用で入社した社員がほとんどとのことですが、お二人はどのような経緯で入社をされたのでしょうか?

 神野様:前職では、残業も多く、非常に忙しい毎日を送っていました。充実感はありましたが、プライベートとの両立を考えた時に、ずっと続けられる仕事かどうか、やはり一抹の不安はありました。そういった考えが転職の契機となり、当社に入社することとなりました。活動の軸は、腰を据えて働ける環境かどうかという部分でしたね。 

大島様:私自身も、神野さんと境遇が少し似ています。前職は、業務が徹夜に及ぶこともあったため、安定した働き方をしたいという想いから、転職活動を始めました。最終的に当社を選んだ決め手の1つは、キョーワグループの一員という業態としての安定性でした。

 

自由度の高い環境と業界の将来性

ー今までの転職先の中で、最も御社が働きやすいとお二方とも同じ意見とのことですが、その理由となっていることとは何でしょうか?

神野様:いい意味で自由度の高い環境だということは自信を持って言えると思いますね。人間関係もフランクですし、時間の融通も利きやすいと思います。また当社が扱う商材である、ジェネリック医薬品は、国からの後押しもあり、現在業績は好調ですし、今後も伸びていく分野だと思います。そういった業界の将来性が期待できるかどうかも、仕事を続けていく上で、重要な要素ではないでしょうか。

 大島様:私は入社して半年程度なのですが、仕事の自由度の高さは非常に感じていますね。前職の場合、業務量も多かったため、時間との闘いと言っても過言ではありませんでした。今では、仕事の需給バランスは安定しており、残業も思ったほどありません。また、社内の風通しもよく、人間関係も良好だと思います。

 

大部分が中途入社。感覚で理解し合える

―仕事の自由度の高さの理由になっている部分とは何でしょうか?

 神野様:当社は、中途入社組が大部分を占めているので、それが自由度の高さに影響しているというのは1つ言えるかもしれません。前職での社会経験を通して、仕事の苦労や要領など、感覚で理解し合える部分は大きいと思います。だからこそ、先輩や上司が必要以上に、面倒を焼いたり、詰めたりする必要性はあまりなく、個人の裁量で仕事を進めやすいのではないでしょうか。

 大島様:実は、10年ほど前は、今とは雰囲気が違っていたという話を聞きました。どちらかというと、経営陣から発信される1つのベクトルに向かって、社員が足並みを揃って仕事をしていたというようなイメージです。その後、組織体系の変化が転機となり、経営層が積極的に社員にアドバイスを求めることも増えました。経営層と社員との距離感が縮まるとともに、少しずつ現在のように社員の提案や意見が通りやすい環境に変わってきたようですね。

 

業界を生き抜くための要は、働く人

ーそう考えると、御社のような業績の伸びと個人の裁量の自由さが比例している環境というのは、社員が求める働きやすさと言えるかもしれませんね。

 神野様:そうかもしれませんね。ただ、そういった状況に甘んじるのではなく、将来への危機感は各個人が持っていないといけないと思います。現在は幸いなことに、業界全体としてジェネリック医薬品を普及する流れがあるため、外部環境が有利に働いているという現状はありますが、世の中どう動くかは予測できないですからね。

それに、同業他社さんも多い中で、生き残っていかなければいけません。そのための要は間違いなく人だと思います。ただ、当社は幸いなこと優秀なメンバーに恵まれていると思いますね。

 

置かれた状況の枠を越え、仕事を思い切り楽しむ

ー優秀な人材が多い理由となっているのはどんなことでしょうか?

大島様:当社は、思い切り楽しんで仕事をしている方が多いと思うんです。MS(医薬品卸売業の営業職)を例に挙げれば、MS同士は本来、数字を競うライバルであるわけです。しかし、その前提や枠を超えて、お互い切磋琢磨し楽しんで仕事をしているといった印象があります。そういった雰囲気が取引先である病院の先生や医療関係者の方にも伝わっているかもしれません。

 

自分の営業スタイルを確立する

MSという職種は、専門知識が求められ、かつ医療関係者と対等な立ち位置でやり取りを行わなければならないという面で、求められることが多いようにも感じますが、実際のところはいかがでしょうか。

 神野様:もちろん知識はないよりあった方がいいと思いますが、広範囲な基礎知識があれば問題ないと思います。ジェネリック医薬品の場合、後発的に製造された医薬品ですので、効能などに関してすでに知られており、Web上にも情報があるためです。ですので、知識面よりも、営業として求められる交渉力や、提案力が求められていることが多いかと思います。自分の営業スタイルを確立できている方が、活躍されている印象はありますね。

 

個人の裁量に任せることで、仕事のやり方を切り拓く

ー自分らしい営業スタイルを開拓するためにはどんなことが必要になるのでしょうか?

 大島様:自分の営業スタイルは、試行錯誤することでしか模索できないと思っています。仕事を行う中で、成功と失敗を経験し、自分には向いてないと判断し、感覚で身に着けていく。そう考えると、営業はスポーツに似ているかもしれません。

 神野様:110まで全て教えることがいいとは限らないと思います。その点、当社は、抑えておくべき礼儀や常識など基本的な部分は教えていますが、その後は個人の裁量に任せており、実践から仕事を習得しやすい環境だと思います。自分に合った仕事のやり方を開拓する仕組みを提供することが、会社としての役割の1つかもしれませんね。

 

編集後記

上の立場になるほど、周囲に与える影響力は大きくなり、社内の雰囲気を決める要素にもなりかねない。会社として、個人11人が与える影響力について、考える必要があるかもしれない。

ライター紹介

株式会社 名大社

http://www.meidaisha.co.jp/

株式会社名大社
東海地区に根ざし、企業展や転職フェアなどの合同企業説明会や新卒ナビを通し、創業以来一貫して、企業と人との"出会いの場"を提供する就職情報会社。
延べ3000社にのぼるクライアントと築いてきた信頼と実績に支えられ、独自の採用サービスを展開する。
より深い信頼関係を築く中で見えてくる個社の魅力を求職者に伝えていくことを使命に、ジモトの人と企業の"ハブ"として、地域活性化への貢献を目指す。

関連記事

求職者に響く、現場技術職のアピール方法に迫る!~株式会社タカノ~

求職者に響く、現場技術職のアピール方法に迫る!~株式会社…

専門知識の取得が必須の医療機器販売業界で人材の定着を促す秘策とは?

専門知識の取得が必須の医療機器販売業界で人材の定着を促す…

2019卒採用最前線 数年ぶりの新卒採用を二人三脚で挑む!その戦略とは?~山田工業(株)~

2019卒採用最前線 数年ぶりの新卒採用を二人三脚で挑む!そ…

ジモト採用のことなら名大社にご相談ください

採用でお困りでしたら私たちがサポートに伺います

弊社は創業以来クライアント数延べ3,000社、東海エリアのジモト企業と求職者の数々の出会いの場を創出してきました。

ジモトに根ざした名大社だからこそわかる個社の魅力を発見し、求職者に誠実に伝えていく為、全力でサポートさせて頂きます。