名大社が伝える中小企業の採用担当者向けメディア
POWERED BY 名大社
求職者の方はこちら
求職者の方はこちら

「ベトナム人採用」のススメー井山工作所有限会社ー

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

こんにちは、テクノポートの渡部です。中小企業、特に製造業の業界では、人材をなかなか採れないという声をよく聞きますが、静岡県駿東郡長泉町にある井山工作所有限会社もそんな人材採用に苦労していた会社の一つ。飛込の営業の話を聞いて、清水の舞台から飛び降りる気持ちでベトナム人を1人採用したのが2016年の夏の事でした。それから時は流れ、今年の10月にはもう1人のベトナム人を採用、来年の4月にはさらにもう1人の追加採用をする予定です。

本日は井山工作所有限会社の専務取締役井山俊一郎様にベトナム人採用の経験談と、良い点悪い点、これからについてお聞きした内容をお届けしたいと思います。

左:グエン・コン・フィン様(2016年9月入社)
中央:井山俊一郎 専務取締役
右:ハー・クオック・フック様(2017年10月入社)

 

1人目の採用

ー昨年にベトナム人を採用したとお聞きしましたが、きっかけは何だったのでしょうか?

井山専務:最初は弊社の工場に飛び込みで来た営業の方の話を聞いたのがきっかけです。その当時ハローワークの他に、ジョブセンスなどの採用媒体等を活用して募集を続けていたのですが、なかなか応募が集まらず困っていたところだったので、物は試しにということで、思い切ってベトナム人採用に踏み切りました。

ー実際の採用選考に関しては、ベトナムまで行ったりと大変だったのではないでしょうか?

井山専務:いや、最初の方を採用したときはベトナムには行ってません。skype等を通して、テレビ電話を使った面接をさせて頂き、実際に会ったのは採用が決まって来日してからでした。最初は不安でしたが、これまでに中途採用した人に比べて、すごく仕事ができる人だったので、今では凄く良かったと思っています。その彼が今年結婚して、奥さんを連れて日本で生活する事が決まっているので、一安心しています。

ー結婚を機に帰国はしなかったんですね。

井山専務:そこは弊社としても帰国するかもという危機感はあったので、いろいろと日本に残ってくれるように働きかけをしました。ビザは就労ビザなので更新をしていけば、ずっと日本に滞在できるビザなんですが、ベトナム人と面接をして、日本にずっと残るかどうかについて、「ずっと日本に」という人は少ないんです。それよりも「いつかは母国に帰って御社のベトナム支所を」とか「母国に帰って独立したい」っていう人がほとんどです。なので何とか日本で継続的に働いてくれる様な動きは必要だと感じています。

 

ベトナム人採用の良いところ、気をつけるところ

ーそれから2人目、3人目の採用って力を入れていますね。ベトナム人採用の良いところって何だと思いますか?

井山専務:1人目の採用をしてわかったのですが、図面からプログラムをするセンスや、仕事の段取りなど、仕事の出来る出来ないに、国は関係ないんだと感じました。ベトナム人の新卒採用を募集する場合、現地の工科大学の卒業生の応募を募ります。それもベトナムでは上位3本の指に入る工科大学です。考えてみれば、人材不足が言われている日本で採用とがんばっても、優秀な人材は大手の企業に持っていかれている状況なので、我々の様な中小企業がそこから漏れた人を採用するよりも、ベトナムの優秀な人材を採用してきた方が質がアップすると感じています。

ー確かにそうですね。ベトナム人採用をする上で気をつけることって何でしょうか?

井山専務:先ほどもお話したように、「すぐにではないけど、いつかは母国に帰りたい」と考えている人がほとんどなので、日本につなぎとめる努力は必要ですね。あとベトナムでは、英語よりも日本語の方が人気があるそうですが、まだまだ日本語でのコミュニケーションに関して心配が残るのは事実です。そこは何とか時間をかけて解決していきたいと思っています。

ー本日はありがとうございました。来年に来る新人が楽しみですね。

 

編集後記

以前に紹介させて頂いた赤原製作所様もそうですが、この会社もベトナム人を採用するにあたり、通常の正社員と同じ待遇で採用をされています。少し目を外に向ければ、そこには各国の優秀な人材を獲得するチャンスが隠されているのかもしれません。

 

ライター紹介

渡部 仁志

http://techport.co.jp/

テクノポート株式会社 営業
ものづくり経革広場 編集長兼ライター
上級ウェブ解析士

2013年4月にオールプレジデント(テクノポート株式会社の旧社名)に入社。前職からの広い経済、ファイナンスの知識と独学で得た少々独特な知識を活用し、中小製造業の営業支援に従事する。

ものづくり経革広場

関連記事

組織を活性化させるための新卒採用術ー株式会社船橋屋ー

組織を活性化させるための新卒採用術ー株式会社船橋屋ー

お母さんたちの職場づくりー株式会社ベリーベストサポートオフィスー

お母さんたちの職場づくりー株式会社ベリーベストサポートオ…

多様化し続ける採用手法に向けてーインターリンク株式会社ー

多様化し続ける採用手法に向けてーインターリンク株式会社ー

ジモト採用のことなら名大社にご相談ください

採用でお困りでしたら私たちがサポートに伺います

弊社は創業以来クライアント数延べ3,000社、東海エリアのジモト企業と求職者の数々の出会いの場を創出してきました。

ジモトに根ざした名大社だからこそわかる個社の魅力を発見し、求職者に誠実に伝えていく為、全力でサポートさせて頂きます。