名大社が伝える中小企業の採用担当者向けメディア
POWERED BY 名大社
求職者の方はこちら
求職者の方はこちら

ジモト学生の心をつかむ内定者懇親会とは?(2/2)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

後編 内定ブルーも解消へ!懇親会当日の配慮のポイント

内定者懇親会に関しては、思っている以上に学生が構えてしまっていることも少なくありません。

だからそんな緊張をほぐす配慮ができると、学生も安心できますし、その企業の対応に「いい会社から内定もらってよかったな」とモチベーションもあがります。

その配慮は本当に「ちょっとしたこと」でよく、たとえば髪型等の身なりなどに関しても、何が正解かわからずに気にする学生も多いので、どんな服装で、どんな雰囲気なのかを事前に伝えておくということでも、「気遣いをしてくれる会社だな」と嬉しく感じるものなのです。

そこで後編では、そんな内定者懇親会当日の配慮のポイントをいくつかご紹介したいと思います。

 

内定ブルーになっているかも?フォローすべき学生を予め確認

内定者懇親会は、内定者とオフの場で面と向かってコミュニケーションができる、人事採用担当にとっても絶好の内定フォローの機会です。

選考期間中の様子や、内定前後のコミュニケーションから、ちょっと心配な学生(内定ブルーになっている可能性がある学生)を確認しておきましょう。たとえば、「何か連絡をしたときに返信がいつも遅い」「反応が淡々としている」といった内定者は、内定に対してネガティブになっている可能性があります。

このような内定者へのフォローは、人事採用担当が直接するのが効果的なこともあれば、若手の社員に積極的に話しかけてもらうほうがいいときもありますし、もしカリスマ的な経営者であれば社長自らフォローすることで、一気にモチベーションが上がることもあります。

どのアプローチがよいかは、その内定者のタイプにもよりますので、該当するような内定者がいた場合には、「誰がフォローすべきか?」を確認し、懇親会が始まる前にフォローを頼んでおきましょう。

 

内定者の話を聞くように心がける

そして内定者懇親会では、内定者の話を聞きだすように心がけてください。

先輩社員や人事採用担当がいれば、内定者たちはおそらく入社後の仕事内容や会社の様子などを質問してくると思います。

その質問に答えて、仕事内容や会社の様子を話していると、どうしても「社員側」が話す時間が多くなってしまいますが、「どんなことをやりたいの?」「それは何でなの?」など、内定者にも質問をしながら、双方向のコミュニケーションができるようにしましょう。

特に、自分から話しかけるのが得意な内定者ばかりではないですから、周囲とうまく話せていない内定者や、聞き役ばかりに回っている内定者がいないか目配りをし、そのような内定者がいたら、積極的に話しかけ、質問し、話す機会を作りだしましょう。

来年4月から働く環境に、自分に興味を持って、話をきちんと聞いてくれる社員がいるのは大きな安心感になります。反対に、あまり自分から話すことがなく、なんとなく周囲で盛り上がっている話を聞いているフリをして帰ってきた…となれば、「自分はこの会社では、ちょっとやっていけないかもしれない」「この社員(内定者)たちとは、ちょっと合わないかもしれない」と、内定者懇親会を機に内定ブルーになってしまうかもしれません。

そうならないためにも、内定者懇親会では内定者がポツンとしてしまっていないかどうか、常に気を配っておきましょう。

 

入社が楽しみになるようなプラスアルファの情報を提供

内定者は、入社後どんな環境でどんな仕事をするのか、その情報を知りたいと思っています。仕事内容はもちろんですが、入社が楽しみになるようなプラスアルファのちょっとした情報があれば、それも積極的に伝えていきましょう。

「入社が楽しみになるような情報」とは、「今の会社でよかったと思うこと」「社会人になってよかったと思うこと」などです。

  • 「職場の雰囲気がよく、働きやすいんだよ」
  • 「有休もとりやすくて、この前、有給休暇使って××へ行ってきたんだよ」
  • 「社食がすごくおいしくて!」
  • 「お客さんがいい人ばかりで、いい仕事させてもらっているんだ」
  • 「ジモトの社員が多いから、皆で土日にバーベキューすることもあるんだよ」

など、こんな一言を聞いたら、入社を楽しみにできると思いませんか?

学生にとって社会人となって働くのは、本当に未知の世界です。そこには楽しいこともあるとわかれば、入社へのモチベーションもきっと高まるでしょう。

 

要注意!内定者が思わず内定を後悔しかねない3つのNG行動

一方で、学生が思わず内定承諾を後悔しかねない行動もあります。特に、良かれと思っていても、実はダメージを与えてしまう3つのNG行動についても、最後に確認しておきましょう。

【内定者が思わず後悔してしまう、社員のNG行動】

  1. 上から目線で話す。
  2. 「そんなんじゃ、社会人としてやっていけないよ」などお説教トークを始める。
  3. 内定者を置き去りにして社員だけで盛り上がる。

1の「上から目線」は、本人としては、社会人として先輩として「教えてあげている」という善意の気持ちのことも多いので、自分では気づきにくいものですが、内定者の目線と立場を配慮しながら話すのを心がければ大丈夫でしょう。

2や3については、最初からそのような言動をしない先輩社員を内定者懇親会に招くのが一番安心です。

しかし、その判断が難しいときには、参加する先輩社員に日時の案内をするメールに、「内定者の話をよく聞いていただき、内定者がこの会社でよかったと思えるような時間になれるようご協力お願いします!」などの、ポジティブな注意書きを一言添えておくといいかもしれません。

 

内定者懇親会では、ちょっとした一言、ちょっとした気遣いが、入社へのモチベーションを高めることもあれば、それがなかったがためにモチベーションが大きく下がり、内定ブルーや内定辞退を引き起こすこともあります。

しっかり内定者の心を掴めるよう、当日は気配り、目配りをしていきましょう。

ライター紹介

小松 紀子

http://r09.jp/

株式会社アールナイン
一般社団法人国際キャリア・コンサルティング協会
1997年国際基督教大学教養学部卒業。

大手人材紹介会社で人事、経営企画、キャリアアドバイザーを経験。在職中、転職希望者へのサービス向上プロジェクトや、ナレッジマネジメントプロジェクトなど多くの全社プロジェクトに参画する

現在は株式会社アールナインの広報及び一般社団法人国際キャリア・コンサルティング協会の広報を担当しながら、中小企業への就職・転職促進を目的とした情報サイト「信州人キャリアナビ」にて数多くの経営者・キャリアインタビューを通じ、地方中小企業の情報発信、採用支援を手掛けている。

アールナイン:http://r09.jp
国際キャリア・コンサルティング協会:http://icca-japan.or.jp

株式会社アールナイン

関連記事

【2019卒採用】中小企業が秋までに採用を終えるための3つのポイント

【2019卒採用】中小企業が秋までに採用を終えるための3つのポ…

他社と迷う就活生に入社してもらうための方法(後編)

他社と迷う就活生に入社してもらうための方法(後編)

他社と迷う就活生に入社してもらうための方法とは?(前編)

他社と迷う就活生に入社してもらうための方法とは?(前編)

ジモト採用のことなら名大社にご相談ください

採用でお困りでしたら私たちがサポートに伺います

弊社は創業以来クライアント数延べ3,000社、東海エリアのジモト企業と求職者の数々の出会いの場を創出してきました。

ジモトに根ざした名大社だからこそわかる個社の魅力を発見し、求職者に誠実に伝えていく為、全力でサポートさせて頂きます。