名大社が伝える中小企業の採用担当者向けメディア
POWERED BY 名大社
求職者の方はこちら
求職者の方はこちら

転職者の入社の決め手、給与以外に何がある?【3/3】

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

第3回 見えない「社風」の伝え方

こんにちは、採用から定着まで企業の成長を支援する株式会社アールナインの小松です。

入社の決め手となる条件で「優先したいこと」としては上がることが少ないにも関わらず、実際には転職者の入社の意思決定に非常に大きく影響するものがあります。

それが「社風」です。

シリーズ最終回は、年収や勤務地などと異なり、言葉にして伝えるのがなかなか難しいこの「社風」について、まとめてみたいと思います。

 

転職者は「社風」を何で判断している?

入社前の数少ない企業との接点で、言葉ではなかなか表現しにくい「社風」を転職者は何から感じとり、「自分に合いそう」「合わなそう」と判断するかというと、中小企業の場合は大きくは次の3つになります。

 

【転職者が「社風」を判断する材料】

  1. 面接官や人事採用担当の対応
  2. 訪問した時の社内の雰囲気
  3. 企業のホームページ

大手企業のようにネットの転職口コミサイトや、掲示板などで書き込みがある企業もありますが、一般的にはこの3つになるかと思います。

「社風」は無理によく見せる必要はありませんが、ありのままを伝え、不必要に相手にネガティブな印象を与えないようにする配慮は必要です。そのためにそれぞれの接点で、どのような配慮が必要かを見ていきましょう。

 

人事採用担当の印象で「社風」への好感度を上げる3つのポイント

転職者が感じる「社風」に、最も大きな影響を与えるとも言えるのが、人事採用担当や面接官の対応です。自社の「社風」に対して、マイナスの印象を与えないためにも、人事採用担当者としてぜひ、次の3つの行動は意識していきましょう。

➀転職者の顏をみて話をしっかり聴く

話の聞き方は、転職者とのコミュニケーションに大きな影響を与えます。

面接などで転職者の顏も見ずに、書類ばかりみて話を聞いていれば「事務的な会社」「つまらなそうな会社」「社員を大切にしなさそうな会社」だと思われてしまいます。

反対に、相手の顔を見て、時には頷いたり、質問したりしながら転職者の話を聴けば、転職者は「雰囲気がよさそう」「人を大切にしてくれそう」という印象を持つでしょう。

大げさな話ではなく、聞き方一つで印象はこれくらい大きく変わってきます。ぜひ相手の顏を見て、時には笑顔も交えながら、転職者の話をきちんと聴きましょう。

➁応募者への対応はできるかぎりスピーディに

「書類選考の結果がなかなか来ない」という企業はよくあるからこそ、選考結果の連絡が早い企業はそれだけで印象がよくなります。さらに、「スピード感のありそうな会社」「活気がありそう」と「社風」に対するイメージもよくなります。

反対に、書類選考の結果が遅いと、「意思決定のスピードも遅いのではないか」「仕事も遅いのではないか」と「社風」に対するイメージも悪くなってしまいます。

連絡のタイミングひとつで会社の印象は、まさに天地の差がつきます。なかなか連絡ができない状況もあるかと思いますが、「うっかり忘れていた」ということだけはないように、できる限り、早い対応を心がけましょう。

➂仕事を楽しむ

人事採用担当や面接官がイキイキと働いていれば、その会社には「活気がある社風だな」「ここの仕事は楽しいんだな」という「社風」を感じるものです。疲れていたり、元気がなかったりすると、「この会社、大丈夫だろうか・・」「自分もこの会社に入ったら、こうなってしまうんだろうか…」と不安に思われてしまいます。

人事採用担当に対し、「こういう人が働く会社で働いてみたい」と思ってもらえれば、自社に対する様々な情報を好意的に受け止めてもらえるようにもなります。人事採用担当の方はぜひ、「自分自身が仕事を楽しむ」ということを忘れないでください。

 

面接時にオフィス案内や工場見学を取り入れる

転職者は面接で企業を訪問した際に、エントランスの雰囲気、デザイン、社員の対応など、自分が「ここで働きたい」と思えるかどうか、社内の様子をいろいろチェックしています。

社風はありのままを知ってもらうことが大切ですので、特にここで特別な対応をする必要はありませんが、せっかくならばもっとよく社内の様子を見てもらえるように、選考プロセスに職場や工場のツアーを取り入れてみるのはいかがでしょうか。

職場や工場を見れば、壁の張り紙や、デスクのレイアウト、社員たちが働く様子などのちょっとしたところから「社風」が伝わっていきます。

ここで「社風が合う」と感じれば、入社意欲がさらに高まりますし、「社風が合わない」と入社前にわかれば、入社後の「こんなはずではなかった」というミスマッチを防げるでしょう。

 

企業サイトの採用ページに社内や社員の様子がわかる写真を掲載する

企業サイトの採用ページも、社風を伝えるのにとても有効な場所です。社内や社員の様子がわかるような写真、先輩社員のインタビュー記事や動画などをぜひ積極的に掲載していきましょう。

掲載する際には、文章で説明するよりも、写真やタイトルでわかりやすいようにする工夫が大切です。先輩社員のインタビュー記事も、テキストが長くなりそうなときには、ぜひ多くの写真を活用して、楽しく読めるような配慮しましょう。

また、掲載写真は印象を大きく左右しますから「なんとなく」「適当に」選ぶのではなく、自社の伝えたい社風を表しているものかどうかを吟味して選ぶことをおすすめします。

 

転職者の入社の決め手について、3回にわたってご紹介してきましたが、中小企業の採用現場を見ていると、入社の「決め手」にもなりそうな、社内のいい情報を伝えきれていない企業も少なくなく、非常にもったいないと感じることがあります。

見落としている「情報」がないか、もっとわかりやすく「決め手」となるような情報を伝える方法はないか、ぜひ御社でも一度確認してみてください。

ライター紹介

小松 紀子

http://r09.jp/

株式会社アールナイン
一般社団法人国際キャリア・コンサルティング協会
1997年国際基督教大学教養学部卒業。

大手人材紹介会社で人事、経営企画、キャリアアドバイザーを経験。在職中、転職希望者へのサービス向上プロジェクトや、ナレッジマネジメントプロジェクトなど多くの全社プロジェクトに参画する

現在は株式会社アールナインの広報及び一般社団法人国際キャリア・コンサルティング協会の広報を担当しながら、中小企業への就職・転職促進を目的とした情報サイト「信州人キャリアナビ」にて数多くの経営者・キャリアインタビューを通じ、地方中小企業の情報発信、採用支援を手掛けている。

アールナイン:http://r09.jp
国際キャリア・コンサルティング協会:http://icca-japan.or.jp

株式会社アールナイン

関連記事

Uターン転職者に響くキーワードとは?

Uターン転職者に響くキーワードとは?

内定者とのつながりをグッと深める!内定者フォローのポイントとは

内定者とのつながりをグッと深める!内定者フォローのポイン…

早めに気づいておきたい!社員が退職を考えているサインとは?

早めに気づいておきたい!社員が退職を考えているサインとは?

ジモト採用のことなら名大社にご相談ください

採用でお困りでしたら私たちがサポートに伺います

弊社は創業以来クライアント数延べ3,000社、東海エリアのジモト企業と求職者の数々の出会いの場を創出してきました。

ジモトに根ざした名大社だからこそわかる個社の魅力を発見し、求職者に誠実に伝えていく為、全力でサポートさせて頂きます。