名大社が伝える中小企業の採用担当者向けメディア
POWERED BY 名大社
求職者の方はこちら
求職者の方はこちら

自動車ディーラー業界採用のコツとは?~株式会社ヤマト~

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

先入観のその先へ・・・

業界へのイメージは、知らず知らずのうちに私たちの中へ刷り込まれている。自動車ディーラー業界も例外ではない。一般的に自動車ディーラーといえば、個人プレーの営業スタイル、成果主義、残業など、男性社会といったイメージが比較的強い。だが、体育会系の働き方から時代に即した変化を遂げている自動車ディーラーも少なくないのだ。

先入観のその先に見える本質を、いかに伝えていくかが採用の糸口になるのではないだろうか。ディーラー業界の中でも、チーム制の働き方を実現している株式会社ヤマトの櫻井様に、業界の実情を踏まえた上で、イメージを払しょくするためのポイントなどについてお話を伺った。

豊橋佐藤店店長 本社営業企画室室長 櫻井 重和様(写真左)

15年以上の営業経験後、現在は営業企画室室長として店舗運営だけでなく、採用業務にも関わる。

 

イメージとのギャップ

ー採用活動を難しくする要因とは何でしょうか?

やはり、業界特有の先入観が一定のハードルになっているかと思います。みなさんは、自動車ディーラーというと、どんな働き方をイメージしますか?大方、数ある営業の中でも特に数字に厳しく、1人で商談から納品まで対応し、夜遅くまで残って働いているというようなイメージをお持ちではないでしょうか。

中には、ギラギラとした競争社会なのではないかという懸念を抱いている方もみえるほどです。もちろん、営業としての目標はありますので、数字を追っていくような印象は一部間違いではありませんが、自動車ディーラー業界も仕事のスタイルが少しずつ変わってきていると思うのです。

 

チームプレーの営業スタイルへ

ー具体的には、仕事のスタイルはどのように変わってきているのでしょうか?

当社を例に挙げると、現在はチームプレーの営業スタイルに変わって来ていると思います。以前は個人プレーの営業スタイルが主流で、担当者が商談から納品まですべての業務を完結させていました。1人1人の裁量に任される部分が大きい分、担当者がいない場合は、お客様に待機してもらわなければいけませんでしたし、従業員1人あたりの業務量も多く、残業も多かったと思います。

こういった仕事体系は、自分の実力が数字に顕著に表れやすいため、競争意識が芽生えやすいという販売面でのメリットもありますが、お客様を第一に考えるならば、担当者が不在の時であっても、代理で誰かが対応できるほうが親切ですよね。そして、今から4~5年前に大幅な業務改革があり、現在のチーム体制の営業スタイルができあがりました。

その結果、残業時間も減り、現在では例外的なことを除いて、20:30までにはほぼすべてのスタッフが退社している状態だと思います。全員でお客様を対応するというスタンスのもと、お客様のお出迎え・お見送りを店舗スタッフ全員で行っていることも当社の特徴ですね。

 

イベントで求職者へ直接、実際の雰囲気を伝えたい

ーではやはり、先行しているイメージと実際の仕事のギャップをいかになくしていくかということが採用での大きな課題ですね。

そうですね。実はもともとWeb媒体をメインに使っていたのですが、実際の雰囲気を文章で表現することの難しさを感じていました。直接求職者の方に会うことができれば、説得力を持って当社ならではの雰囲気を伝えることができるのではないかと思い、転職フェアへの参加を決めました。

結果として、1名の方を採用することができました。

 

仕事に対するハードルを下げることがスタート地点。

ー採用につながったポイントとは何でしょうか?

ブースを訪れた求職者の方との会話を通して、業界に対する先入観をなくし、興味を持ってもらえるまでじっくり話すことができたことがポイントだったと感じています。まずは、個別に求職者の方に声かけをして仕事の話に限らず、楽しい雰囲気の中でお話をするように心がけていました。さらに、業界に対する印象についてお聞きした上で、和気あいあいとした風土で、店舗のメンバーが連携しあい、仕事をしているという旨を伝えることで、求職者の方に気づきを与えるようにしていました。

実際に店舗で働く社員の様子を見てもらうことも、イメージとのギャップを埋める手段として有効かと思います。また、希少価値の高い高級車に触れあえることも、車が好きな方にとっては魅力になりますね。まずは仕事に対するハードルを下げることがスタート地点。そこから、いかに興味を持っていただくことができるかが採用のカギなのではないでしょうか?

 

編集後記

求職者の企業選択の範囲内に入り込むためには、その仕事が自分にもできそうだという自信が前提になるのではないか。そのためにも、仕事内容や職場の雰囲気を具体的に伝え、求職者に働く自分を想像させることが大切だ。

ライター紹介

株式会社 名大社

http://www.meidaisha.co.jp/

株式会社名大社
東海地区に根ざし、企業展や転職フェアなどの合同企業説明会や新卒ナビを通し、創業以来一貫して、企業と人との"出会いの場"を提供する就職情報会社。
延べ3000社にのぼるクライアントと築いてきた信頼と実績に支えられ、独自の採用サービスを展開する。
より深い信頼関係を築く中で見えてくる個社の魅力を求職者に伝えていくことを使命に、ジモトの人と企業の"ハブ"として、地域活性化への貢献を目指す。

関連記事

住宅・建築業界のPR方法 求職者の興味範囲に食い込んでいくために必要なこととは?~岡田建設~

住宅・建築業界のPR方法 求職者の興味範囲に食い込んでいく…

製品品質と休日出勤・残業ゼロを実現!その理由に迫る!~近藤熔接~

製品品質と休日出勤・残業ゼロを実現!その理由に迫る!~近…

エンジニアリング企業の挑戦、定着率を高めるための施策とは?~ワダエンジニアリング~

エンジニアリング企業の挑戦、定着率を高めるための施策とは…

ジモト採用のことなら名大社にご相談ください

採用でお困りでしたら私たちがサポートに伺います

弊社は創業以来クライアント数延べ3,000社、東海エリアのジモト企業と求職者の数々の出会いの場を創出してきました。

ジモトに根ざした名大社だからこそわかる個社の魅力を発見し、求職者に誠実に伝えていく為、全力でサポートさせて頂きます。