名大社が伝える中小企業の採用担当者向けメディア
POWERED BY 名大社
求職者の方はこちら
求職者の方はこちら

地元で働く、を想う Vol.12

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

こんにちは、名大社の山田です。3月に入りました。18年卒向けの就職活動も今週からスタートしました。

リクルートスーツには賛否両論あるかと思いますが、同じような格好をした学生さんが名古屋を賑わしていますね。のんびり気味だった就活生もいよいよ動き出したようです。

 

就職戦線スタート

名大社としても3月1日就職サイトをオープンしたのと同時に合同説明会も立て続けに開催。

就職活動解禁前日の2月28日「中日新聞×名大社 ジモト就職応援フェア」から、3月1日「上場企業就職フェア」、2日「アスリート就職セミナー」と3日間連続でそれぞれ個性的なイベントを開催したのです。

DSC_0370

一年を通し、一番忙しいこの時期に全社員が奮闘してくれました。

私の立場としてはありがたい限りですし、一人ひとりの想いが新卒採用を行うクライアントや就活をスタートした学生さんに伝わっていることでしょう。

この3日間を通し多くの学生さんが参加してくれました。元気よく挨拶をしてくれる学生さんも多く、改めて新鮮な気持ちになるのもこの時期だから感じることです。

私も2つの講演の舞台に立ちました。28日には「経営者によるトークセッション」はパネラーとして、1日には「人事担当者によるパネルディスカッション」のファシリテーターとして、担当させてもらったのです。

DSC_0078

就活はツラい活動、大変な活動と思われがちですが、決してそんな場ではなく、もっと自然に自分を表現していく場として捉えて欲しい。そんなような話もさせてもらいました。(あくまでもニュアンスです・・・笑)。真剣にメモを取る学生さんが印象的でした。

真剣なのは学生さんだけではありません。売り手市場が継続していく中、採用計画を立てる企業の熱量も半端ないものなっています。合同説明会での力の入れ具合もかなりのもので、ブース装飾に手間をかけるのは今や当たり前になってきました。

ブースに飾るポスターやパネル、タペストリーから椅子カバーまで一貫した企業ブランディングが感じられます。それが全てではありませんが、少しでも学生にインパクトを与えイメージ向上を図りたい想いが伝わってきます。以前は大手企業が中心でしたが、最近は中小企業も力を入れる割合も増えています。弊社に対して制作依頼を頂くケースも増えました。

 

よりリアルの場を活かすために

私たちはリアルの場で企業の魅力を伝えることを大切にしていますが、そのキッカケを作るための見せ方も大きなポイントです。このコラムのテーマでもある「地元で働く」を考えた場合、学生さんに伝わりにくい業種や仕事内容を少しでも解消していく努力は企業側で行わなければなりません。

学生さんに対しての話し方も重要です。複数を対象とする場合は席を立って話をする、一対一の場合は、言葉のキャッチボールを行いながら話をする。些細な手法で企業イメージは大きく変わりますし、興味度もアップしたりダウンしたりしています。

とても魅力的な企業であるにも関わらず、上手く表現できず伝わらないことも見受けられます。

学生が勝手に理解してくれるのではなく、学生目線で理解をしてもらう言葉や態度が必要になってきます。この3日間のイベントを通し、ブース全体を眺め、採用担当者の行動を見ながら、改めてそのリアルにおける重要度を感じました。

10名の採用と1名の採用では時間の掛け方は異なるかもしれませんが、伝えるべきメッセージやその熱さは同じでなければなりません。採用する企業側は学生さんに自社に対する熱さを求めるはずです。それは一方通行ではいけません。相思相愛になるためには学生さん以上に熱さを伝えなければなりません。

意外とその熱さや自社の魅力は自分たちでは分からないものかもしれません。そんな時は遠慮なく弊社の営業担当に聞いてください。客観的な立場として、企業の魅力を引き出すサポートもさせて頂きます。それも私たちの大切な仕事です。これから本番ですが、「地元で働く」にこだわり、私たちも活動していきます。

ライター紹介

山田 哲也

http://www.meidaisha.co.jp/

株式会社名大社 代表取締役社長
1966年5月22日生まれ。岐阜県岐阜市出身。
1989年、愛知大学法経学部経済学科卒業後、株式会社名大社に入社。営業部門にて、東海地区の企業に対し新卒採用、中途採用の支援を行う。
その後、営業マネージャーの傍ら、インターネット事業の責任者、大学サポートの責任者の業務を担当。
副社長を経て、2010年5月より社長として全体を統括。
現在は、数少ないFBAAファミリービジネスアドバイザー認定資格者として、同族企業の持続的成長支援にも従事。
また、経営者向けセミナー、人事担当者向けセミナー、大学内の就職ガイダンスで講演も行う。

FBAAファミリービジネスアドバイザー
資格認定証保持者

厚生労働省指定
CDA(キャリア・ディベロップメント・アドバイザー)

前向きに行こう! 名大社 社長ブログ
http://www.meidaisha.co.jp/president/

関連記事

地元で働く、を想うVol.22

地元で働く、を想うVol.22

地元で働く、を想うVol.21

地元で働く、を想うVol.21

地元で働く、を想うVol.20

地元で働く、を想うVol.20

ジモト採用のことなら名大社にご相談ください

採用でお困りでしたら私たちがサポートに伺います

弊社は創業以来クライアント数延べ3,000社、東海エリアのジモト企業と求職者の数々の出会いの場を創出してきました。

ジモトに根ざした名大社だからこそわかる個社の魅力を発見し、求職者に誠実に伝えていく為、全力でサポートさせて頂きます。